映画俳優の碑と映画発祥の碑


調布と映画の係わりを記念して建てられた碑です。

調布飛行場


 調布飛行場は1941年(昭和16)に完成した陸軍の飛行場です。建設のため農地を強制的に買収し、寺院を移住させて造られました。
 その広さは調布市・三鷹市・府中市(多磨村)にまたがる総面積53万坪にも及ぶものでした。配属された部隊の飛行244戦隊には、最新鋭の三式戦闘機=飛燕(ひえん)が配備され、皇居を守る任務を担っていました。

【注】=印の場所は許可を得て敷地内に入るか、外から見てください。

1.調布飛行場の門柱
2.掩体壕(えんたいごう)【注】
3.誘導路(コミュー二ティ通り)
4.秘匿(ひとく)地域
5.高射砲台座跡【注】
6.排水溝(側溝) 
7.排水門
8.大格納庫
9.給水塔
10.和多屋旅館
11.仁翁閣:多磨霊園【注】
12.標識石柱【注】
13.多磨霊園の機銃掃射痕
14.赤とんぼの木製プロペラ
15.地中から戦時中のプロペラが出現 NEW

五万石


 日活撮影所が最盛期の時期に、石原裕次郎がよく利用した居酒屋です。

軍事施設


 調布地域には、調布飛行場を中心に軍事施設が幾つもありました。
 現在、施設はそのまま、別の目的で使われているものもあります。
access!