京王線国領駅

京王線国領駅やその踏切の風景

国領駅の駅舎と踏切 1959年

この紹介文の画像

線路の北側の駅舎に発券機と改札口があり、下りホームへ行くには線路を歩いて横断しました。踏切南側には遮断器を開閉する施設があり、電車の運行にあわせて人力で遮断機を上げ下げしていました。

(調布市郷土博物館提供)

国領駅の踏切(南側より) 1972年

この紹介文の画像

踏切上を通過する京王線の5000系車両は冷房化された車両で、通勤通学の快適性が図られました。車両先端の上に見えている道路標識から、この頃は狛江通りが旧甲州街道に突き当たったところで止まっていたことがわかります。

(調布市郷土博物館提供)

基本情報

所在地 調布市国領町3丁目18
問い合せ: 調布市立中央図書館 地域情報化担当
042-441-6181
作成年月 2018年10月
地図