セピア色の調布

引き出しの中に忘れていた一枚の写真‥‥。
セピア色に変色しているものの、ひと昔前の街や風景、そこに息づく人々の姿が焼き付けられています。
 一枚の写真は、懐かしさでけでなく、その時代、その想いを私達に語りかけてくれます。
 このコーナーは、昭和の調布を旅するあなたのタイムカプセルなのです。

 その旅から、新しい調布像が見えてくるかも知れません。
 題して、「セ・ピ・ア・色・の・調・布」の始まりです。

 *そういえばわが家にも、こんな写真があります。と言われる方は、調布市立中央図書館までご一報下さい。


2008年12月 「セピア色の調布」製作チーム