調布の蔵 ~布田エリア~

1.時には音楽が流れる蔵
2.恥かしそうな蔵
3.ケヤキに寄り添う蔵
4.ビルに囲まれた工務店の蔵
5.関東大震災を経て蘇った蔵
6.梯子がさりげない蔵

1.時には音楽が流れる蔵

この紹介文の画像
2008年11月17日

屋根は置き屋根形式で化粧スレート葺き、壁は石張り、腰巻はモルタル鏝仕上げ。数年前、この蔵でシャンソンのコンサートが開かれたことがあった。

2.恥かしそうな蔵

この紹介文の画像
2008年11月17日

屋根は置き屋根形式で金属板葺き、壁は白漆喰塗りで、これも増築していている。古い蔵の妻壁と新しく増築した平屋の構成が無理なく融合している

3.ケヤキに寄り添う蔵

この紹介文の画像
2008年11月17日

屋根は置き屋根形式で金属板葺き、鉢巻は白漆喰塗りで壁は金属波板。この辺りは駅に近いのであるが、まだ農地が残っている。保存樹である大きなケヤキがすくっと伸びていて、そのケヤキに寄り添うように建っている。

4.ビルに囲まれた工務店の蔵

この紹介文の画像
2008年11月17日

屋根は置き屋根形式で化粧スレート葺き、壁は白漆喰塗りで、壁にはにバランスよくツブが配置されています。
しかし残念ながら明治時代に建てられたこの蔵は2008年10月中頃より道路拡幅により解体された。

5.関東大震災を経て蘇った蔵

この紹介文の画像
2008年11月17日

屋根は置き屋根形式の金属板葺き、壁は白漆喰塗りで腰巻は石張りの穀蔵。関東大震災で被害にあったあと、1940年に場所をかえて建てられた。入口は平入り(桁側壁からの出入り)でその扉は漆喰扉である。

6.梯子がさりげない蔵

この紹介文の画像

屋根は置き屋根形式で金属平葺き、壁は白漆喰塗りの上に波板張り。おそらく明治後期に建てられた穀物蔵で、内部は2層となっており、立派な梁が架けられているとのこと。関東大震災のとき被害を受けた後、修復している。

基本情報

所在地 調布市 布田
問い合わせ先: 調布市立中央図書館 地域情報化担当
地図