京王線調布駅のホーム

京王線調布駅のホームの変遷

調布駅ホーム 1953年

この紹介文の画像

1913年(大正2年)に京王線が開通した時の調布駅は、現在地よりずっと西調布駅寄りにありました。1917年(大正5年)の多摩川原線開通と同時に「調布銀座」の前に、さらに1953年(昭和28年)に現在地へ移転しました。この写真は2番目の調布駅で、画面右端の理髪店は今も同じところで営業しています。

(調布市郷土博物館提供)

調布駅のホーム 1963年

この紹介文の画像

沿線の人口が増えて、通勤・通学で京王線を利用する人が増えるとともに、車両が大型になり、車両編成が増え、駅のホームも拡張されました。現在は、大型車両が10両編成で運行されています。

(調布市郷土博物館提供)

基本情報

所在地 調布市布田四丁目32番地1
地図